[B00DRA95OM] 日本機能性医学研究所 VD1000 「ビタミンD3 1000IU/cap」 120カプセル 【新価格】

商品ページ:日本機能性医学研究所 VD1000 「ビタミンD3 1000IU/cap」 120カプセル 【新価格】

1カプセルあたりビタミンD3を1000IU含有。初の国産*、高単位ビタミンDサプリメント (*当社しらべ)
美白系で日に当たらない方、UVケアされている方、紫外線量が少ない北にお住まいの方、夜間にお勤めの方、寝たきりの方,などのビタミンDが欠乏しがちな方
ビタミンDは1日あたり3000~5000IU消費されるといわれいます。紫外線UVBの暴露で皮膚で合成され、一部を食事からまかなう。ビタミンDは日の高い夏場に合成し肝臓に備蓄するが、冬にストックがつきると欠乏状態になってしまう。紫外線をさける習慣から、ビタミンD欠乏は現代人の多くが陥っている。
米国の研究では、米国人の42%がビタミンD欠乏であった。 十分な日照で米国で毎年、 185000人が内蔵癌の発症を防げるだろう。 30000人の死亡が防げるだろうと予測する専門家がいます。
日本でも盛んに研究されており、6歳から15歳に1200IUのビタミンDを冬に摂取させたら、インフルエンザの罹患率がインフルエンザワクチン接種者よりも低く(予防した)かつ喘息の合併も低かった。という研究があります。

体内でも重要なビタミンDを摂取する習慣をVD1000 120カプセル (ビタミンD3 1000IU/cap)で!

【商品説明】
ビタミンDは体内でも重要なビタミンで、1日あたり3000~5000IU消費されるといわれいます。
十分な量のビタミンDが体内で生合成されるためには、日中少なくとも週に2回、10分から15分の間、日焼け止めクリームなしで、顔、手足、背中に日光にあたることが必要です。
VD1000 は、1カプセルあたりビタミンD3を1000IU含有。初の国産*、高単位ビタミンDサプリメント (*当社しらべ)

現在日本人の成人男女の摂取目安は1日あたり、200IUで耐用摂取上限が2000IUになっています。
ところが、紫外線を避ける文化の定着から、ビタミンD欠乏が蔓延しているのが現実です。
そんな方のために、美容内科を極めた斎藤医師の経験に基づき作られたのが、VD1000 60カプセルです。
打錠すると成分が減衰ことがあるので、VD1000はカプセルにしてあります。
米国の研究では、米国人の42%がビタミンD欠乏という報告もあります。
日本でも盛んに研究されており、6歳から15歳に1200IUのビタミンDを冬に摂取させたら、インフルエンザの罹患率がインフルエンザワクチン接種者よりも低く(予防した)かつ喘息の合併も低かった。という研究があります。

【使用用途】
日焼けしたく無い方、美容が気になる方、春や秋が苦手な方、外に出ることが少ない方、紫外線量が少ない北にお住まいの方、アレルギーケアをされたい方におススメです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする